​みなさんへ

代表 石川 剛

21世紀の社会を生き抜くために必要な能力は大きく変わろうとしています。

「2011年にアメリカの小学校に入学したこどもたちの65%は今は存在していない職業に就くだろう」とニューヨーク私立大学院センターのキャッシー・デビットソン教授は話しております。これは、近い将来、現存する職業の約半分はAIなど機械が代替することとなることが予想されるからかもしれません。これを受け、文部科学省では、新しい学習指導要領をこどもたちに用意しました。

 一つは、学習姿勢です。今までの受け身の授業から能動的な姿勢が求められるようになります。もう一つは、抽象的な学問ではなく具体的な技術の習得です。社会に出たとき、今までは上司や先輩たちの言うことを身につければ良かったことが、これからはそうはいきません。他の人と意見をぶつけ合い、新しいものを創造していったり、新しい解決法を見つけていかなければなりません。そのために、能動的な学習姿勢が必要になってくるのです。

 もう一つの技能の習得は、新しい時代を生きていくためのものです。具体的には、英語の話す・聞く・読む・書くの4部門の習得などです。今までの学問としての英語ではなく、使うため、意思を伝達するための手段としての英語を習得していくことになります。

 私ども塾の使命は、将来、社会に巣立っていくこどもたちに社会を生き抜くための武器を授けることだと思っております。

 創立以来60年あまりの間、地域の皆様に支えられてきた塾です。これからも皆様の信頼に応えるべく、私どもも常に変わっていく姿勢を持ち続けてまいります。